画期的な楽々効果的ダイエット、「8時間ダイエット」が一番オススメのダイエット!

2
以前ダイエットを始めようと思い立って様々な方法をインターネットで探していたところ、「8時間ダイエット」というものに行き着きました。やはり、運動せず、なるべく楽して痩せたいというのが本音だったので、できるだけ辛くなくストレスが少なくできるダイエットはないかと探していたところ、最適ではないかと始めました。
これは、簡単に言うと1日の食事を8時間以内に収めて、残りの16時間は何も食べない、というものです。例えば、朝の8時に一番最初の食事をとったら最後の食事は夕方4時には食べ終えなくてはいけません。これだと夜がきついので朝を遅めにして昼食兼として食べることをお勧めします。理想としては昼11時から夜7時や、12時から8時が簡単だと思います。このダイエットの注意してほしい点は、8時間以外はノーカロリーのお水やお茶しか摂ってはいけないというルールがあります。もちろんお酒もダメです。ただ、8時間以内に飲むなら問題ないので、飲み会がある時は朝昼食べずに挑むくらいの気持ちが大切だと思います。さらに、8時間に収めようとすると、どうしても2食と少しの間食で済むと思います。むしろ3食きっちり取る方が難しいので、必然的に総カロリーが減ることになります。
しかも嬉しい点として、基本的には暴飲暴食しない限り何を食べても良いことになっております。さすがに食べ過ぎては効果が出るのが遅くなったり、また逆効果になってしまうこともあるのでダイエット中と言った意識は必要ですが、食事制限をしなくても良いとうのはとても嬉しいですよね。
無理せず、あまりつらくないダイエットは他にないのかなと思っています。しかも、1か月続けて2キロ痩せたのでオススメです。

ふっくらほっぺは朝からつくれる!乳液で簡単マッサージのやり方

1
私には美容のために毎日心がけている事があります。
そのおかげで肌荒れはもちろんありませんし
毎日ほっぺたふっくらモチモチです。
イチゴ鼻の悩みからもすっかり解放されちゃいました。
どうするかは簡単、毎日朝と晩にマッサージをするだけです。
そうは言っても朝は忙しいから無理、という人もいると思います。
かくいう私も仕事前に慌ててお化粧をするのでなかなかしっかり時間が取れません。
ですので朝はマッサージクリームは全く使いません。
洗顔をして、ふき取り、化粧水と行ってから乳液をそのまま顔に広げてしまいます。
そこからが本番です。
乳液が皮膚に吸い込まれる前に、指の腹でおでこをしたから上になぞります。
頬も顎から耳へ、口角から耳へ、鼻横からこめかみへと皮膚がよらないように
力を入れずになぞっていきます。
朝はこれだけ。そのままお化粧をしてしまって大丈夫です。
仕上がった頬の柔らかさが全然違ってくると思います。
お化粧のノリも日に日に良くなっていきますよ!
ただし、力任せにあがれーと力を入れると逆効果になりやすいので注意。
反動で下がってしまうことがあるので気を付けてください!
ちなみに夜もマッサージをするのですが
おすすめは少し油分を含んだマッサージクリームを使うことです。
最初はすこし重たい感じですが、しっかり丁寧にマッサージしていくと
クリームが緩くなってするする指が動くようになります。
するする指が動くようになったら、顔の血行が良くなった証拠です。
鏡を見たらほんのり色づいて見えるかもしれませんね。
しかも油分があるクリームを使うとさらにいい効果があります。
毛穴に詰まった汚れや角栓をトロトロに溶かして取り除いてくれるのです。
つまり、イチゴ鼻ともおさらばできるということです。
こんなにいい事がたくさんあるので、ぜひ朝にも簡単マッサージをしてみてください。

洗顔しすぎもダメ?正しいお手入れで改善する、ニキビ肌のためのスキンケア

“ダイエットしたい方は、健康的に痩せるのが一番ですね。しかし単品だけしか食べないとか、カロリーを極端に減らしたり、体に負担がかかるダイエットは続きません。健康的にリバウンドしないダイエットは、糖尿病の食事メニューです。

○慣れると簡単
糖尿病の治療食を見ると、点数が書いてあるので最初は面倒だと思うかもしれません。しかし思ったより簡単で、最初は量がわからなければ材料を計る必要がありますが、慣れると量がわかってきます。

○何を食べてもいい
好きなものは食べれないと思っている方も多いですが、なんでも食べれます。揚げ物もデザートもOKです。ただしある程度の量は目安があります。どか食いしていた方は最初は物足りないと感じるかもしれません。ごはんを2杯食べていた方は1杯になるし、とんかつを2枚食べていた方は半分になるといった感じです。
○むくみに対応
塩分をできるだけ控えるようなメニューが多いので、むくみにも効果があります。またカリウムが多いりんごやバナナ、キウイなど果物も食べます。なので塩分が外に排出されてむくみが解消されて、脚がすっきりします。体も軽くなります。
○便秘が解消
糖尿のメニューは、野菜がとても多いです。野菜なら量を増やしてもOKなので、食物繊維を多くとるようになります。便秘が解消されるので、お腹まわりがすっきりしてメタボが解消されます。便秘が改善されることで体を動かすことも楽になってきます。
○3食
毎日きちんと3食規則正しく食べるので、お腹が極端に減ることがないです。食べないことであとでお菓子がほしくなったり、ジュースを飲んだり、夕食だけをたくさん食べることがなくなります。どちらかというとダイエットしない食事に戻る感覚ですが成功します。

私が健康のためにしているストレスフリーな生活とかぞくの食事について

“ニキビケアについて、間違ったスキンケアで悪化させている方もいます。正しいスキンケアを実践することでよくなっていきます。
○洗顔方法
ニキビができると、洗顔が大事と思って1日に何回も洗顔する方がいます。肌の水分量が減ってバリア機能が低下します。洗顔は朝晩の2回で、汚れをしっかりと落とすことが大切です。肌への負担が少なくなります。
○クレンジング、洗顔料
ニキビケアのクレンジング、洗顔料はできるだけ刺激が弱いものを選ぶ必要があります。特にオイルクレンジングはアイメイクや口紅の汚れを落とす場合だけに使い、顔全体に使うのはさけましょう。洗浄力が強いですがお肌が乾燥して、ニキビが出やすくなります。ふき取りタイプのクレンジングも、肌をこするために摩擦が生まれます。ミルククレンジングやクリームクレンジングで、優しく洗いましょう。クレンジングのあとに洗顔するときは、たっぷりの泡を作って丁寧に洗いましょう。洗顔料はシンプルな固形石鹸が、界面活性剤がはいっていないのでおすすめです。
○化粧水と美容液
洗顔後は、乾燥を防ぐためにすぐに化粧水をつけましょう。ニキビに効果がある成分は、ビタミンc誘導体です。乳液やクリームをすぐに使う方もいますが、保湿は美容液を中心として使いましょう。毎日使うものなので、使用感がいいものがおすすめです。香りも重要なポイントになります。成分がよくても香りがいやなら毎日続けるのがいやになってきます。

○uvケアも大事
ニキビ肌でも、紫外線には注意しましょう。紫外線を浴びるとニキビが悪化します。日焼け止めはspfが高いものは肌への負担が多いです。少しの外出ならファンデーションでも日焼け対策になります。”

娘と一緒にグリーンスムージーを飲んで、毎日爽快に過ごしています。

“私は今の自分は健康だと思います。理由はストレスがあまりたまらないように気をつけているからです。結婚したすぐの何年かは今思うとすぐにイライラしたり、旦那や子供に当たってしまったりしていたなぁと思います。そんな自分が嫌で色んな本を読んだりしてライフオーガナイズということを学びました。
それから部屋を断捨離してみんなが分かりやすい収納に変えたり、自分が考えていることを自分ノートに書いて見える化してみたりしました。そうやっていたら自分の気持ちも断捨離されていくようにすっきりしてきたんです。ほんとに自分が変わると旦那さんも優しく接してくれるようになったし、子供たちとも一緒に遊ぶ時間も増えたと思います。健康は身体も大切だけど、心もほんとに大切だと実感しました。
今はストレスに感じることがあっても、自分でこうしたら楽かもとか考えて楽に暮らせるようになりました。お母さんが健康でストレスフリーだと家族もストレスフリーでいいことづくめだと実感しました。
そして、健康のためにたべているものは豆乳です。私はそのままでは飲めないのでアイスコーヒーにたっぷり入れて、毎日飲んでいます。旦那さんは毎朝納豆ごはんとにんにく卵黄のサプリメントも食べています。子供たちは食物繊維たっぷりのフルーツグラノーラを毎朝食べています。朝は1日の始まりなので朝食をしっかり食べてほしいなと思っています。あとは外食をなるべくしないで家でたっぷり野菜を使ったごはんを食べたり、その日あったことを家族で話ながら食事をするようにしています。男の子はテレビを見ながらだとテレビに集中してしまうのでごはんのときはテレビを消して食べるようにしています。”

バランスボールの再開と、フライングタイガーのウォッブルボードで、楽しいお家エクササイズ!

私は37歳・三人の子どもを持つ主婦です。35歳を過ぎたあたりから肌荒れが気になりだし、ひどく敏感になった肌に合う化粧水が見つからなくて悩んでいました。まず私がトライしたことは、テレビやネットで話題だった「甘酒」です。ブドウ糖・ビタミンB郡・必須アミノ酸などを豊富に含む甘酒は、飲む点滴といわれ、昔は夏の疲れをとる飲み物だったといいます。もちろん砂糖を使っていない、米麹から作られたものがその効果を発揮できます。後もう一つ。私が調べて取り入れたのは「手作り化粧水」です。防腐剤無添加の化粧水は大手化粧品メーカーからも発売されており、大変魅力的でしたが、もちろん使用期限が短いので使い続けるには価格が気になります。そこで、それなら自分で作ったほうが早いのでは?と思い調べてみたのです。結果、私が材料として用いたのは、基本的な精製水と保水成分であるグリセリン、皮膚を柔らかくしてくれる尿素、そしてヒアルロン酸原液です。私はこだわって海外から取り寄せた、植物性グリセリンを使用。といっても500mlで1400円程、これで二年は持つので市販の化粧水よりずっと安価に利用できます。夏はヒアルロン酸を控えめに、逆に冬は多めに配合。肌が敏感な時は精製水とグリセリンだけのボトルを作っておいて、それを利用したりと、その時期の肌に合わせて配合を変えられるのがとても便利です。1か月で必ず作り変えるので、防腐剤なしでも、いつでも新鮮な化粧水を使うことができます。この化粧水と甘酒のお陰で、肌荒れがだいぶ軽減されましたし、生理前などの肌が敏感な時でも大きなトラブルに発展する前に対応することができるようになりました。高価なスキンケア用品も魅力的ですが、私には手軽な価格で安心でき、昔ながらの良いもののほうが、合っているように思います。

リバウンドしないダイエットはこれ、糖尿病の食事療法で無理なく痩せよう

私は今、会社勤めのOLで、10人中10人中にスタイル良いねーと言われるくらい、体型には自信があります。ただ、そんな私ですが、高校の時は、物凄〜く!パンパンに!太っていました。元々は、小中学校で運動や吹奏楽をしていて、それなりに体型も引き締まった方だったのです。まあその頃は、自分の体型がどうのこうのと悩むことも無いくらい、無邪気で無垢な心を持っていたのですが。(多分、女の子としては、物心がつくのが遅い方でした 笑)肥満…という言葉が似合うようになったのは、高校の時。進学して、親しい友人たちとは違う学校に通うことになりました。勉強が大嫌いだったのに、入ったのはバリバリの進学校。勉強ばかりしないといけない環境がキツかったり、クラスの雰囲気になじめなかったり。とにかくストレスを溜めまくり、親には当たり散らし、お菓子をたくさん食べ…。当然、運動もしない私には、ぶよぶよのお肉がどんどん蓄えられました。あまりの急激な太り方によって、二の腕や太もも、ふくらはぎにも、肉割れ線ができました。太ももなんて、縦の肉割れ線の上に、横の肉割れ線が入るほどでした。正直この肉割れ線は、今でも残っています。でも、高校に通っていた当時の私としては、ストレスを発散するために一杯一杯で、誰に相談できるでもなく、ただ自分の体と家族に当たり散らす他、心を落ち着ける方法がなかったんだな…と、今は振り返っています。さて、そんな激太りを経験して、そんな自分のままではいたくないと思いつつも、変われないまま高校を卒業した私は、大学に進みました。そして、初めての一人暮らし。思えばこのことが、とても大きな転換点でした。痩せる雰囲気はありませんでしたが、お金のやりくりを考えたり、勉強にもサークルにも精を出したり、生まれて初めてバイトをしたりと、まともな大学生活は送れたと思います。卒業してからはなんとバリバリの外回りの営業職に就職。仕事で汗を流しながら、徐々に体は引き締まりました。部署異動で内勤になってからはエクササイズのDVDで体を鍛え、今に至ります。思うに、結局のところ、あの頃激太りしていた私は、心がとっても幼かったんだと思います。自分を成長させることよりも、自分を守ることばかり考えていたと思います。でも、今となっては、そういう時期を経ることができてよかった。気がつけて、本当によかったと思います。痩せていることや太っていることそのものではなく、そうさせている自分の心に、ちゃんと気がつけて。

痩せても元に戻らないお腹の悩み・・・とにかく引き締め!狙ってます

現在35歳。23歳の時に子供を出産して以来、体重が増え続けて気づけば出産前より15㎏も増加…。1人目を出産した時、母乳をあげていたのもあり、ちょっと食事を控えるだけで体重がおもしろいように減るようになった。しかし、これが原因で母乳があまり出なくなり、助産師さんにしっかり食べるようにと注意され、赤ちゃんのためにしっかり食べるように。結果、母乳の出はあまり良くならず、足りない分はミルクに。そして、しっかり食べた分体重が5㎏増加。こうして、2人目、3人目と出産するたびに完全母乳を目指ししっかり食べた結果、完全母乳ではいけたものの5㎏ずつ増え現在に至る。ダイエット番組を見てはダイエットを決意するが、子育てのストレスからつい甘いものに手を出してしまう。特にチョコレートが大好きで、板チョコはすぐに1つ食べてしまう。袋に入ったチョコも、最初は1個だけ…と思い、残りを冷蔵庫にしまうが、冷えたチョコがおいしいのがわかってるから、冷蔵庫をあけるたびに1個食べ、気づけば空に。食べ放題に行けばお腹いっぱいまで食べ、苦しくても最後には甘いケーキやアイスを別腹と言っては食べる。とにかく食べるのが好き。しかし、このままいくと70㎏台になってしまう事態から、1ヶ月前から本格的にダイエットを開始。とりあえず、大好きなパンを買うのを止め、ご飯を食べるようにしてみた。またここ1年、冷凍パスタにはまり、週3日くらいはランチで食べていたが、それも止めてみた。そのおかげで、2㎏ほど体重は落ちたが、ここからがなかなか減らない。やはり運動もしなくては減らないようだ。運動は苦手だが、暖かくなってきたので子供と一緒にプールに行く予定。水着も準備して今度こそダイエットを成功させようと思う。

試行錯誤の結果、リバウンドのないダイエット成功に到った私の食事法

“現在44歳の男性会社員ですが、30代後半から肥満気味になり40歳の健康診断では尿酸値が7以上になりました。
他にも高血圧の症状が出ており、健康の為に豆乳を飲むようにしてます。

豆乳に限らず大豆食品には体をアルカリ性にする効果があるので尿酸値低下にはかなりお勧めの食品なんです。
本当は納豆の方が健康面には良いらしいんですが私は納豆が苦手なのと、豆乳は液体なので体への吸収率が良いということで毎日飲むようにしてます。

もちろんそれだけではなく、豆乳に含まれてるカリウムが私向きでした。
カリウムっていうのは利尿効果があります。
尿には尿酸や塩分も一緒に排出する効果があるので、体内の尿酸排出量も増えます。
塩分は余分に取りすぎると高血圧やむくみといった症状を引き起こすので、尿酸・塩分過多に効果のある豆乳がとてもよかったんです。
また私は肥満気味だったので豆乳に含まれる大豆サポニン等のダイエット向き成分もメタボ体型だった私には助かりました。

尿酸ってアルコールや不規則な生活を送ってると上がるっていうイメージが強いですが、実は体質依存な場合が多いんです。
実際私はアルコールはほとんど飲まず、付き合いで月にビール一杯飲むかどうかなんです。
アルコール摂取過多が原因ならアルコールをやめればいいだけですが、私のようにタバコも吸わないお酒も飲まないって人は尿酸値が上がりにくいものではなく下げる効果のあるものを摂取しないとなかなか尿酸値は低下しません。
しかも尿酸結晶が出来てしまうと体から消滅するのに2年近くかかってしまうらしく、尿酸低下を意識した食生活を長期間維持しないと尿酸は下がりませんし痛風の危険性もあります。
ですので豆乳を飲むのを生活習慣として取り入れ4年ほど豆乳を飲み続けてるのですが、なんとか尿酸値は基準値内の5台まで低下しました。
体重も75kgだったのが60台後半まで下がりました。

私と同じようにお悩みの方は豆乳を一度試してみてください。”

コストパフォーマンス良く全身のお肌をツルツルスベスベにする方法

“子供を産んでからは、自分のことより子供のことで精一杯で自分のことをおざなりにしていました。
ストレスも溜まりやすいので、好きなように食べて、不摂生な生活をしていました。
食事には気を付けるけれど、お菓子を食べすぎたりしてました。

いい加減、そろそろヤバいなあと思い、今はご飯を食べた後は何も食べないようにしています。
そうゆうストレスが溜まりそうなことはしたくなかったのですが、慣れると特に辛くもないです。

お菓子がある部屋に行かない、これだけでも効果があります。
女性は目で見えてしまうと食べたくなるそうです。
隠してしまう、今日食べる分しか買わないなどの対処法が効くと思います。

子供と一緒に日中だけお菓子を食べるなどして、全く食べないと言うわけではありません。
ただ本当に食べたいのか?を考えるようにしています。
当たり前のことだと思うのですが、この時間だから絶対食べるのではなく、今このお菓子を本当に食べたいのか、お腹は本当にすいているのかを考えるようになりました。

それだけでもあまり食べなくなりました。
とりあえず食べることが多かったのです。

ストレスをお菓子で発散させないと言うことです。
凄くストレスがある時は食べていいと思います。
食べる時は食べるくらいの方が長続きします。

そのお陰で節約にもなりますし、ちょっとずつ痩せてもきました。
これはご飯を食べる時にも同じ感じです。
子供がいるといつでも食べる時間があるわけではないので、食べれるうちに食べようと出来るだけ食べようとしてしまっていたのですが、本当にこんなに食べたいのかを考えるようになりました。
自分が思っている程食べる必要がないと言うことがわかったので、身軽になったり、肌荒れも減ったりでおすすめです。”